人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

ボルーガ1

20151/31

丼の聖地・福井県が生み出した、一度は食べてみたい「福丼」ベスト3

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

香川県の「うどん県」や、広島県の「おしい!広島県」、「泣ける!広島県」に続く、新たなユニークな都道府県PRとして、福井県の福丼県(ふくどんけん)があります。
先日の記事では、福井県が丼(どんぶり)を推す理由についてご紹介しました。
(その記事はこちら→【福井県が福丼県に!? 単なる言葉遊びではない、福井が「丼」をプッシュする真の理由】

今回は、ぜひ食べてもらいたい福井県発祥の丼を3つご紹介します。

 

ソースカツ丼

001
(画像引用:「名物 ソースカツ丼」ヨーロッパ軒総本店
福井県の丼への思い入れが強い大きな理由として、様々な丼の発祥地となっていることが挙げられます。
そのなかでも、最も有名なものが「ソースカツ丼」です。
福井県内に複数店舗を構える「ヨーロッパ軒」というお店が発祥。

カツに濃厚なソースをくぐらせ、衣にしっかりとソースの味がついたカツ丼です。
「福井県で『カツ丼』とオーダーすると、ソースカツ丼が出てくる」と言われるほど、福井県ではソウルフード的な存在です。

 

ボルガライス

002
(画像引用:「越前市三大グルメ『ボルガライス』 越前市
福井県越前市の武生(たけふ)地区には、30年以上も地元の人から愛され続けているボルガライスという郷土料理があります。

オムライス(正しくは、ライスを玉子で包んでいればOK)の上にトンカツがのり、さらにその上から、デミグラスソースがかかっています。まさに、「食いしん坊の大好物総出演!」というような料理です。

ただここで一つ疑問が…。

「これって丼なのか?」

という声がちらほらと出てきそうではありますが、ご飯の上におかずが乗れば丼の成立です。
丼の可能性は、無限大!
なので、ボルガライスも丼というわけです。

ちなみにですが、ボルガライスのおひざもとである越前市には「日本ボルガラー協会」というボルガライスの情報を発信する協会があります。
興味を持ったらぜひチェックしてみましょう!

 

ぼっかけ丼

003
(画像引用:「ぼっかけ汁とは」ぐるたび
そして、もうひとつ忘れてはいけないのが、「ぼっかけ丼」です。
ぼっかけとは福井の郷土料理で、ごぼうやニンジンのような根菜に、油揚げやこんにゃくなどを加えた醤油ベースの汁物。

この「ぼっかけ」をご飯にかけて食べるのが、ぼっかけ丼です。
なんでも、100年以上前から福井に伝わる、歴史ある丼なんだとか!

ぼっかけ自体は、福井県内外でその地域ごとのアレンジが加り、様々な食べ方がされています。
例えば勝山市では、「勝山ぼっかけ」という、披露宴の食事で振る舞われる縁起が良い食べ物として知られています。

さらには名物郷土料理として、「勝山ぼっかけ」をメインとしたまちおこしのイベントが開催されるなど、注目を集めているそうです!

ビジュアルだけでも十分に面白い福井県の丼。
もちろん本場に食べに行くのが一番ですが、意外と家庭でも簡単に作れてしまうのもいいところ。
みなさん、ぜひ食べてみてください!

(アイキャッチ画像引用:「日本ボルガラー協会」

yamada_bn_02
※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る