人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

001

201412/26

新年を迎える前に…「おせち」「おとそ」の意味、知ってる?

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

今年もクリスマスが終わり、「もういくつ寝るとお正月~♪」ですね!

年が明けて最初に口にするものと言えば…「おせち」や「おとそ」。
これらお正月に食卓に並ぶものには、それぞれちゃんと意味があるんです。皆さんご存じですか?

 

「おせち」に詰まっているのは、
母へのねぎらいと幸福の願かけ

言わずと知れたお正月料理の定番、「おせち(御節)」。
江戸時代から食べられているおせちは、もともと「日ごろ忙しくしている主婦が、せめて正月三が日は休めるように」というねらいがあり、保存のきく食材が多く使われています。
1年を通して最初の食事となる「おせち料理」には、実は主婦への優しさやねぎらいの気持ちが込められているんですね。

また、おせちが入っている「お重」にも、ちゃんと理由があります。
「お重」は文字通り何段も重なっているため、これにかけて「幸せが『重』なるように」という意味があるんです。

さて、それでは、お重の中に入れられる食材の一つひとつには、それぞれどんな願いが込められているのか。
皆さんはどれだけ知っていますか?
「おせち料理大事典|紀文のお正月」(http://www.kibun.co.jp/knowledge/shogatsu/osechi/)によると…
“ひげが長く腰が曲がっても生きているため、長生きできる”ことから「えび」
“細く長く幸せになれるように”という願いから「ごぼう」
“まめに働けるように”という思いと語呂合わせから「豆」
…などが使われているそうです。
おせちの色々な食材の由来を見ていると、日本人の心に古くからある新年へのささやかな願いや幸せへの望みが、時を超えて伝わってきます。

目指すは長生き!
お正月に飲む「おとそ」って何…?

元旦の朝に食べるものと言えば「おせち」ですが、では飲むものと言えば?
そう、「おとそ(御屠蘇)」です。

002(画像出典:「日本名門酒会」

ただ、この記事を読んでいる方の中には、「おとそって何?」「聞いたことはあるけど飲んだことない!」という人もいらっしゃるのでは?
お屠蘇は、みりんや日本酒に生薬のはいった「屠蘇散(とそさん)」を一晩漬けこんだもののことで、お正月に歳の若い順から飲んでいくのが風習です。
2012年の調査によると、20代の34%が「おとそを知らない」と回答しています。
平安時代から続くおとその伝統は、現代においてはなかなか浸透していないようです。
(参照:【「屠蘇散」伝統継承で見直し 薄れる習慣、6割が「飲まない」】SankeiBiz

飲んだことのある方も、あの独特の甘さと香りが「ちょっと苦手…」と感じている方も多いのではないでしょうか(私も実はその1人…)。
ただ、おとそは「1年の邪気(蘇)を払い(屠る=ほふる、「打ち負かす」の意)、長寿を願って飲む縁起物のお酒」です。
「屠蘇散」は昔から“延命長寿”の薬として親しまれてきたものですから、体に良いことは間違いナシ。
今ではネットの通販などで本格的な「屠蘇散」もカンタンに手に入るので、おとそを1度も飲まれたことのない方は、今年のお正月にぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

最後に余談ですが、市場に出回る「おせち」には毎年さまざまな“トレンド”があるようです。
今年販売している2015年のおせちは、家族みんなで食べられるようにと「大容量」で推しているところが多いのだとか。
(参照:「個食から三世代消費へ、2015年のおせちは“大容量”がキーワード!」日経トレンディネット
皆さんのご家庭では、どんな「おせち」が定番ですか?

2015年の幕開けまであと少し。
日本の古き良き文化を見つめ直し、いつもよりちょっと姿勢を正して、来るお正月を迎えてみましょう!
来年もいい1年になりますように…。

sato_bn_02
※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る