人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

もはやおにぎりも握らないのが主流!?「おにぎらず」に悪い点が見当たらない。アイキャッチ

20151/6

もう、にぎらない…おにぎりの究極完全態「おにぎらず」が革命的に素晴らしい。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

おにぎりといえば、好みの具材をご飯の中に入れて、三角の形に手で握ってできる食べもの。
そのおにぎりに最近、革命がおこりました。

 

握らないおにぎりが世界を変えた!?

その革新的におにぎりの名前は、その名も「おにぎらず」。
えっ!?おに“ぎらず”!?
そう、にぎらないおにぎりが登場したのです。
そもそも握らない「おにぎり」なんて、もはや「おにぎり」ではないんじゃないか…という意見がちらほらと聞こえてきそうではあります。
しかし、そんな固い頭ではコペルニクスに笑われてしまいます。常識に囚われていては真理にたどり着くことはできません(←何の話?)。
まずは一旦この「おにぎらず」が何物なのかを知ってから、おにぎりか否かは判断することにしましょう。
「おにぎらず」とは、のりにごはんに具材を乗せて、のりの四隅を折って四角にした食べ物です。
文字通り、握らないおにぎり。見た目はどことなくラン○パック…(笑)。
実はこの「おにぎらず」、人気料理マンガ『クッキングパパ』(講談社刊)22巻で「超簡単おにぎり」として紹介されたレシピなんです。
そして、この「おにぎらず」、ご飯をこぼすことなく食べられるということで、最近は小さいお子さんを持つご家庭で大人気なんだそうです!

10948698_775597659194530_2143345988_n

 

誰でも簡単に作れる!超速レシピをご紹介!

「おにぎらず」は、作るのがとっても簡単なのも人気の秘訣です。
しかも、にぎらないので手が汚れない! 炊きたてのゴハンでも「アチチ」ってならない!
…では、早速レシピをご紹介します。

-材料-
ごはん 適量
のり  1枚(長方形がベスト)
お好きな具材 適量

-手順-
①のりをひろげ、のりの中心部分にご飯をよそいます。
②ごはんの上にお好みで具材を乗せます。
③のりの四隅を折りたたんで四角い形にすれば完成です。

以上!これでおにぎらずの完成です。

…めちゃくちゃ早いし、簡単だと思いませんか?!
一人暮らしの学生や社会人の方でもお昼のお弁当として、「おにぎらず」はカンタンでピッタリです!

また、おにぎりと違って、「おにぎらず」ではどんな具材でもそのまま入れることができるので、気分に合わせて好きな具材を好きなだけ入れられます。
食べることが楽しくなるスパイスも「おにぎらず」は兼ね備えているんです。
(お弁当に持って行く場合には「水気の多いものは避ける」「ご飯と具材を十分に冷ませる」など衛生面での配慮はお忘れなく!)

そんないいこと尽くしの「おにぎらず」
早速、明日のお弁当にいかがですか?

yamada_bn_02
※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る