人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

10970264_785924634815749_1169863170_o

20152/12

男は意外と待っている!? あの人のハートを狙い撃ちするためのバレンタイン限定チョコ2選

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

今年もあの日が近づいてきました。そう、バレンタインです!
しかし、バレンタインデーは最近では友達同士でチョコを交換することが一般的になり、意中の人に想いを伝える日というのはもはや過去の話となったような気がします。

しかし、実は最近の調査で、びっくりすることが判明しました!
驚きの新事実、それは、
「男性の6割はバレンタインデーに愛の告白を待っている! 」
ということです。

密かに思いを寄せる相手がいる女性のみなさんは、今年のバレンタインこそ、とっておきのチョコを渡して幸せをつかみましょう!
今回は、そんな「とっておきのバレンタイン限定チョコ」を2つご紹介します!

 

恋する乙女必見!俺たちは君の想いを待ってるぜ!!

まず、調査について簡単に紹介しましょう。
ロッテ株式会社が、2014年12月に中学生~30代男性350人を対象に、バレンタインデーに対する意識調査を行いました。

すると、なんと約63%の男性が
「バレンタインデーは女性が男性から告白をする記念日」
という認識を持っているという結果が判明したそうです。
中でも20代未婚男性は、74%もの人が同様の認識を持っていることもわかりました。

【参考:「2015年バレンタインデー男性意識調査」

この結果、納得です。
なぜなら、僕も「バレンタインデーは女性が男性に告白する日」だと信じて止まないからですっ!! (本気)

さらにこの調査によると、本命チョコレートをもらうなら、2月14日がいいという回答が全体の81%を占めていることがわかりました。
男性はここまで強く「2月14日=告白される日」と認識しているのです。
気になる相手がいるという女性にとっては、二人の距離をグッと近づけることができるチャンスに違いありません!

でも、想いを伝える前に何を渡したらいいのかわからない…。
なんていうことを悩んでいる人の為に、喜ばれること間違いなしのギフトをご紹介します!

 

チョコレートでストレートに想いを伝えたい方には、「アルマーニ/ドルチ』

遠回しな表現が苦手で、ストレートに伝えるのが一番だと思っている方には、イタリアの有名ファッションブランド「ジョルジオ・アルマーニ」のスイーツラインである、「アルマーニ/ドルチ」の期間限定チョコをオススメします。

チョコレートでストレートに想いを伝えたい方には、「アルマーニ-ドルチ』

 

【画像引用:「そのルックスに恋に落ちる! 一目で心をとらえる、バレンタインチョコレート5選」VOGUE

バレンタインのためだけに用意された、赤のハート形パッケージに入った「特製チョコレートセット」が販売されます。
(いずれも税別で6個入り2,500円、14個入り5,000円)

ブランドイニシャルの「A」をあしらったチョコや、ハートマークのチョコもあり、パッケージだけでなく、中身でも愛情表現可能です!
銀座の「アルマーニ/ドルチ」のお店だけでなく、全国の百貨店で購入できます。
これをもらったら、男性は思わず告白をOKしてしまいそうです(笑)

 

大人な時間を過ごしたい人には「ジャン=ポール・エヴァン」

ゆっくりとした時間を過ごす中で想いを伝えたいという方には、「ジャン=ポール・エヴァン」の期間限定コレクションをオススメします。

大人な時間を過ごしたい人には「ジャン=ポール・エヴァン」

 

【画像引用:「ジャン=ポール・エヴァンのバレンタイン&ホワイトデー限定コレクション – ハート形ショコラなど」ファッションプレス

ビターチョコレートが人気なフランスの一流ショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァンによるバレンタインコレクション。
”Folie Douuce(甘美な狂気)”をテーマに、カッコかわいいデザインに仕上がっています。

想いを伝えた後に、このチョコレートとワインを片手に、二人だけの時間を過ごすなんていかがでしょうか?
これ、考えただけでも羨ましいですね!!

【参考:「Saint Valentin 2015  チョコレート(ショコラ)」ジャン=ポール・エヴァン

いかがでしたか? どちらも、男性にあげたら「おっ! 」と思われるチョコですよね。
今年のバレンタインは勇気を出して、気になるあの人にチョコと共に想いを伝えましょう!
無事に成功したという方は、「食べる政治」まで幸せのご一報お待ちしております。

yamada_bn_02
※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る