人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

image001

20154/9

他人事じゃない!満腹なのについ食べてしまう、「エモーショナルイーティング」の危険性

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

いきなりですが、みなさん!
満腹のはずなのにお菓子が食べたくなったり、夜食が欲しくなったり……。
そんな経験をしたことはありませんか?

体は満腹だけれども、食べてしまうというこの行為。
じつは、ちゃんとした名称があるんです。

その名も「エモーショナルイーティング」
これは、立派な病気であり、大きな危険をはらんでいます。

誰しもが一度は経験したことのある、この「エモーショナルイーティング」の危険性と予防法について紹介します。

 

体の食欲≠エモーショナルイーティング

では、いったいどんな行為をエモーショナルイーティングと呼ぶのでしょうか?
主に代表される行為は、次の三点です。

  • お腹が空いていないのに食べる
  • 突然味が濃いものや甘いものがほしくなる
  • 食べ過ぎだと思っているのに我慢できない

この三点からお気づきの方もいるかもしれませんが、エモーショナルイーティング は、文字通り感情が欲する食欲です。
つまり、体が欲する食欲ではありません。
そのため、自覚症状がほとんどなく、知らず知らずのうちに陥っていることが多いのです。

この症状に陥ると、朝方の腹痛や胃もたれ、目覚めの悪さや気だるさを起こしやすくなります。
さらに、エモーショナルイーティングの症状が進むと、食事バランスが保てなくなり、さらに体調管理がしにくくなるという、負のスパイラルを生み出すことになります。

「感情のままに行動することが、ストレスフリーでより良い生活を送れることにつながる」
なんてことを言う方もいますが、エモーショナルイーティングにおいては、完全に正反対の結果をもたらしてしまうのです。

(参考:「自覚症状がないから怖い…“エモーショナル・イーティング”の罠にはまっていませんか? 」Googirl

 

なぜ、食べ物に手が出てしまうのか?

image003
ではなぜ、エモーショナルイーティングに陥ってしまうのでしょうか?
大きな原因は、二つあります。

一つはストレスです。
食欲は、ドーパミン(摂食)とセロトニン(抑制)という二つの神経伝達物質によってバランスを保っています。
ストレスが溜まると、ドーパミンが分泌過剰となり摂食中枢が刺激される一方で、セロトニンが減少して抑制することができず、過食傾向になりやすいといわれています。

そして、もう一つは食習慣にあるといわれています。
エモーショナルイーティングによって求めるようになってしまった刺激や欲求は、簡単には治すことができず、習慣化されてしまっていることが多いようです。
そのため、自分ではダメだとわかっていても、ついつい手を出して食べてしまう、という現象に陥ってしまうと言われています。

また、この習慣による栄養素の偏りが、不足している栄養素を摂取しようと体が求め続けるため、過食がさらに進行してしまうのです。
「感情的な食欲なら我慢すればいいのでは?」、「自分に厳しくすれば抑えることができるのでは?」と思うかもしれませんが、簡単に解決できる問題ではないのです。

(参考:「お腹いっぱいでも食べてしまうのには理由があった! 『エモーショナルイーティング』の原因と、その対策」ライブドアニュース

 

エモーショナルイーティングを改善させる二つのルール

image005
エモーショナルイーティング対策において、習慣を見直すことが最も確実な方法ですが、口で言うほどに簡単ではありません。
ですが、すぐに実践できる対処法もあります。

「もしかして、自分はエモーショナルイーティングをしているかもしれない」
「たまに急に食べ物がほしくなってしまったことがある」
という人は、これから紹介する2つの対処法をぜひ覚えて明日からの生活改善に努めてみては?

【対処法1】30分だけ我慢する

結局のところ、「我慢する」ということがこの行為の対処法なってくるのですが、ただ単に我慢するのではなく、「30分だけ我慢する」というのがポイントです。
エモーショナルイーティングは、突発的欲求のため、一定時間を我慢することで、解決することが可能です。
その時間が約30分間と言われています。

30分以上経っても「食べたい」と思ったものについては、自然欲求なので食べても大丈夫! まずは、30分だけ耐えてみることから始めてみましょう!

【対処法2】食べたものを記録に残す

これはダイエットの時などにもよく用いられる手法ですが、自分の食べたものを記録することがエモーショナルイーティングにおいても効果的です。
自分の食事を記録することで食事バランスをチェックすることができ、この行為の天敵である偏食を防ぐことができます。

食欲という生活していく上で切り離すことのできない欲求から始まるエモーショナルイーティングは、決して他人事で済ますことのできない症状です。
ご自身が陥ってしまう前に、正しい食生活・食事バランスを保持し続けることが大切ですね。

yamada_bn_02
※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る