人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。

普段ネット上でしか交流していないみなさんと会えるのは楽しみでした。

選挙や政治に関心のある人(しかもライターさんは若い人が多い!)にお会いできる機会はあまり多くないので、とても楽しい会でした。

そして、メインの鍋!

ちょうど先日から寒くなってきており、タイミングもバッチリでした!

aaa1ac8b6406a337ff6f8eaaa7b64ab1d289085156fbig

鍋の定番の白菜、ねぎ、鶏肉、そして肉好きな僕は豚肉と牛肉も足しました!

そして極めつけはソーセージ!

実はソーセージ、鍋と相性いいんです!ぷりぷりに煮えて、噛むと肉汁!

これからの寒い時期にはぴったりです。

・・・これじゃ鍋じゃなくてポトフだ!

92e7596e055e3ebcb57ef692b0a28e76a9d81656big

そこでいつもは日本酒派な僕ですが、白ワインをあわせました。

余計に鍋ではなく洋食でしたが、今シーズン初の鍋を楽しくおいしくいただきました。

TPPで関税が下がる食材

さて、実はこの鍋、ある政策をテーマに作った鍋なのです。

それは、「TPP」。

白菜以外は全て、TPPの影響を受け、関税が引き下がるものです。

TPP鍋の食材はこちら。

TPP

参考:

「TPP:関税撤廃、追加品を公表…オレンジなど 農水省」毎日新聞:2015年10月8日

「牛肉・ワイン…食品安く、家計に恩恵(TPP特集) 」日経新聞:2015年10月10日

単純に具材を見ますと、TPPの影響で安く食材が買えるようになります。

1dcf251799e0325475b5ce47f9ccf45ce637a61fbig

関税が撤廃されることは消費者にとっては値段が下がるので、嬉しいように思えますが、僕は国内の生産者さんがますます減ってしまうのではないか?と、とても心配です。

国内生産者を直撃する関税撤廃

中でも、豚肉を作っている養豚業者さんは激減するでしょう。

その最大の理由は、「国産と外国産に差がない!」ことです。

味がほとんど同じで、よっぽど舌の肥えた方でないとその違いに気付けません。その理由は3つあります。

(1)品種が同じ

実は、国内で育てられている豚は、海外の品種を日本に持ち込んだものなのです。そのため、品種がほぼ同じで、味も似ています。

(2)肥料も同じ

豚が食べている肥料も、海外から輸入したものなので、品種も同じで食べているものも同じですと、差が出ません。

(3)鮮度もほぼ同じ

技術の進歩で鮮度を保ったまま、冷凍させることができるようになったため、消費まで時間のかかる輸入の豚肉も、味がそんなに落ちなくなりました。

ですが、味が似ていても大きく異なるのが価格です。スーパーに行くと、豚肉、牛肉、鶏肉など全て共通して国産肉は高く、外国産肉は安い値札が付いていて買うのに迷ってしまします。

価格の差は2つの生産コストの差です。

(1)日本は輸入飼料を使っている

日本の畜産業では輸入飼料を使っており、輸入コストがお肉代にプラスされるので、養豚のコストの6割が飼料代とも言われています。

スクリーンショット 2015-10-29 11.06.14

(2)日本は人件費がかかる

100頭の豚にバケツでエサやりするのと、1,000頭の豚に機械でエサやりするのとでは、1頭当たりにかかる人件費に大きな差が出ます。海外の畜産業では機械化、大規模農場化が進んでおり、日本では小規模生産者の廃業が続いています。

スクリーンショット 2015-10-29 11.04.30

以上のことから、味も劣らず、安い外国産豚肉の関税が撤廃され、さらに安くなるということは、国内の養豚業者さんにとってとても厳しい状況になっていくのではないでしょうか。

豚の飼養戸数は貿易自由化が進んだ1971年以降、2014年までにおよそ40万戸から、5,300戸にまで激減しています。生産者の高齢化や後継者不足の影響、2010年の口蹄疫問題、そして外国産との価格競争。今後どうなっていくのでしょうか・・・

身近な鍋(というか、ポトフ)や、豚肉という食材からも、TPPといったような政策を体感することができますね。

皆さんもこれからの時期、ぜひ美味しい食材からも政治を考えてみてください。

ちなみに、これからの時期においしい「鱈鍋」からも、TPPは考えることができますよ!

ごちそうさまでした!

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

image017

20156/23

【Road to メロンパニスト ~ step.10】特別企画!メロンパンに◯◯を挟んでみた!【前編】

皆さんこんにちは! 前回ちろっとお伝えしましたが、 今回でなんと! なななんと!! 10回目なのです!!!! しかし…… これ、Road …

ページ上部へ戻る