人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

images

201410/20

未来の食材は予想外…ダチョウやワニを食べる「オルタナティブフードパーティ」って何?

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

迫る食糧難時代…未来で頼れる食材は?

世界の人口は現在70億人を超え、2050年には90億人に到達するとも言われています。
それに伴って年々深刻さを増しているのが…食糧危機問題。
簡単に言えば「現状の地球のキャパじゃ、そんな大勢の人間は養いきれないよー」ということです。
この食糧危機問題を打破するべく、国連食糧農業機関(FAO)は2013年5月13日にとある報告書を発表しました…それがこちら。
【参考:特に昆虫森林の産出物は飢餓との闘いに重要-特に昆虫

その内容を簡単に要約すると…
「地球に暮らす約20億人がすでに食料として昆虫を食べている」
「昆虫は栄養価も豊富で、ほかの家畜に比べて飼育に必要な飼料が少ない」
「よって、昆虫は“未来の主たる食料”として大きく期待できる」

…といった感じ。
昆虫食、皆さんどうでしょうか…許容範囲内ですか?
1出典:wikipedia 昆虫食 http://ja.wikipedia.org/wiki/昆虫食

また、アメリカでは今年の4月、飲むだけで1日分の栄養素を摂取できる「ソイレント」というプロテインタイプの栄養食品の販売がスタート。
食事を必要としないSFのような世界が実際に現実になり始めています。
【参考:GIGAZINE食事が不要になる完全栄養食「ソイレント」がついに出荷を開始
2

しかし、昆虫を食べたりプロテインを飲んだりして1日を過ごす未来は、「ご飯を食べる」という行為から楽しさを奪ってしまうのではないでしょうか。
そんな危惧感から、現状起こりうるであろう「楽しくない食の未来」を「楽しい食の未来」へとシフトさせようと活動しているのが、こちら!
【オルタナティブフードパーティ】 < https://www.facebook.com/alternafood >

“今はまだ食用として普及していないけれども、食べることで「食糧問題・環境問題・伝統保護」などに貢献するような食材”を「オルタナティブフード」と名付け、「楽しい食の未来」のために普及を目指して活動をしているプロジェクトです。
過去にクラウドファンディングで100万円を超える調達をしています。

毎月第2火曜日はダチョウやワニ等を食べるオルタナティブフードパーティ!

こちらの団体、来るべき未来に向けて「オルタナティブフード」を普及するべく、毎月第2週の第2火曜日に「オルタナティブフードパーティ」を開いているとのこと。
今年の10月は低脂肪・高タンパクというオルタナティブフードの特性を生かして、エクササイズやダイエット、脂肪と体重を減らしたい人向けにパーティを開いた模様です。
< http://peatix.com/event/56241 >

この回ではシカ肉、ワニ肉、テンペ(インドネシア発祥の、大豆などをテンペ菌で発酵させた発酵食品)を利用したフルコースを振る舞ったということ。
『食べる政治』11月号でもシカ肉を取り扱っていますが…ワニの肉なんて食べることができるんですね…! ちょっとネットで調べてみましたが、トリの胸肉みたいな味でクセがなく、結構おいししいんだとか…うーん、気になります!

そして、こちらの公式Facebookページをさかのぼっていくと…過去に調理をしたワニの手羽揚げ(!?)の写真が!!

3
出典:食の未来を考えるAlternative Food Partyオルタナティブフードパーティ

あまりのワニ感の強さに衝撃が…手の形残ってる…。。
ここまで食べる食材の元の姿形を意識させられる見た目の料理も、日常ではなかなかお目にかかれないですよね。

オルタナティブフードパーティは、月1度のフードイベント以外にも様々な切り口で、未来の食問題を考える催しを行っているようです。
気になった方は公式Facebookページより情報を追ってみてください!

【食の未来を考えるAlternative Food Partyオルタナティブフードパーティ】
 ▶ https://www.facebook.com/alternafood

【シカ肉のお試しは、食べる政治11月号から】
 ▶ http://taberuseiji.com/products

sirose_bn_02

※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る