人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

a0002_012100

201412/11

世界文化遺産「和食」。その素晴らしさを伝える活動いろいろ

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

2013年12月に「和食」がユネスコ無形文化遺産に指定されてから早1年…。
2013年10月には11/24を(いい日本食)と読ませて「和食の日」と制定したり、2015年5月からイタリア・ミラノで開催される「ミラノ万博」では和食を発信することを決めたりと、国内外問わずさまざまな場で、国が「和食・日本食」をPRする機会が増えています。

そして、健闘しているのは国ばかりではありません!
現在、さまざまな団体や個人が「和食の素晴らしさ」を伝える取り組みを、全国各地で展開しているんです。
今回は、そんな活動をいくつかご紹介します。

 

日本食のおいしさを世界の家庭に!
外国人向け日本料理教室

都内の「cooking class Tokyo with Mari in English / Chinese」では、外国人観光者・駐在者を対象に、日本の家庭料理を教える教室を開いています。

寿司、お好み焼き、みそ汁といった、外国人に人気の高い日本食メニューをはじめ、団子や大福などの和菓子も取り入れて、授業を行っています。
代表の滑志田真理(なめしだ・まり)さんが「本来日本料理は、四季折々にそれぞれの地方の土地柄にあった多彩な美しさ/美味しさを持っていますので、これを世界の方々に広めて行くのが私のミッションだと思っています」と語る通り、教室では作り方だけではなく食材の背景知識なども説明しながら、和食そのものを魅力を伝えているとのこと。
日本が誇れる習慣を、他の国の方に知ってもらえるなんて光栄ですね!

 

「和食47」を結成!?
全国に広まる和食キャンペーン

koshihikari
(画像引用:「『福井県コシヒカリ』全国キャラバン×全国47都道府県『和食47』全国キャラバン」)
こちらは先月まで行われていた「『福井県コシヒカリ』全国キャラバン×全国47都道府県『和食47』全国キャラバン」という企画です。
このキャンペーンではキッチンカーが日本各地を周り、その場で福井県産新米コシヒカリの炊き立てごはんと、本格ダシのおみそ汁の試食を提供。
実際に会場に行けなかった人のために、和食の写真を投稿するだけで抽選により福井県の特産品がもらえるキャンペーンも同時に展開していたようです。

長い時間をかけて私たちの先祖が作り上げてきた、私たちの国にしかない「和食」の文化。
美味しさと習慣を途絶えさせないためにも、国内外を問わず、その素晴らしさを伝えていきたいものですね。

sato_bn_02

※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る