人気記事

© 食べる政治 All rights reserved.

PAK55_oyuwoiremasu20140828500

201412/1

【実食レポ】世界一ウマい料理がカップヌードルに!! 「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」を食べてみました!

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

12月に入りました。いよいよ寒い寒い冬が深まってまいりましたね…!
すぐに体を温めるため、カップヌードルに手を出す機会が増える季節になったのではないかなと思います…って、それは僕が増えただけの話でしょうか(笑)
そんな私に朗報です!← いえ、きっとアナタにも朗報ですよ!
日清さんの「カップヌードル」シリーズから、ついに“史上最高傑作”とささやかれるカップヌードルがついに登場しました…!

 

世界一美味しい料理がカップラーメンに!

今回新しく登場するカップラーメンの味は「マッサマンカレー」です。
マッサマンカレーとは、正式名称を「ゲーンマッサマン」という、タイ王国に起源を持つタイカレーのことを指します。
このカレーはムスリムから伝来していることから、イスラム教の食の規律に従って豚肉を使用せずに作られることが多いです。
特に本場のタイでは鶏肉を使った「チキンマッサマン」が一番多く食べられています。
今回のカップヌードルも鶏肉が使われています。

さて、このマッサマンカレーがなぜ史上最高傑作のカップラーメンと言われているのか?
それは、2011年に発表された美食ランキングにあります。
CNNインターナショナルのCNNGoから発表された「World’s 50 most delicious foods」(世界で最も美味な料理ランキング50)の第一位が、「タイのマッサマンカレー」だったのです!
このランキングが知れ渡り「マッサマンカレー=世界一美味しい料理」という触れ込みで、世界中から注目を浴びるようになりました。

そんな世界一の美味しい料理をモチーフにしたカップラーメンが、美味しくないわけがありません!
ということで早速、販売初日に購入して実食しました!

 

インスタント史上最も食べやすいカレーヌードルがここに誕生。

さて、実物を買ってまいりました。
外観はこんな感じです。
2
タイ料理のカップヌードルでは、昨年「トムヤムクンヌードル」も発売されていましたね。あれも非常に完成度が高かったです。
「トムヤムクンヌードル」は全体的に白を基調としたパッケージでしたが、今回は全体的に紫のカラーリング。
前回よりもエスニックな印象が強くなりました。
3
開封すると、早速カレーのスパイシーな香りが漂ってきます。
しかしこの時点では、フライドポテトにチキンや野菜と具材の感じも、既存のカレーヌードルと大きな違いはないように思えます。
…これはきっと、食べた後のギャップを最大限に楽しむための演出なのでしょうか?

じらしてきますね、日清さん、さすがです。笑

お湯を注いで3分待ちます。
お決まりの3分なんですが、毎度毎度とっても長く感じますね。
湯気に乗って、カレーの匂いが鼻をくすぐってきます。
我慢です、オレ、我慢ですよ(言い聞かせる)

早く食べたい…という気持ちをこらえて、待ちに待った3分後の未来。
それでは、実食です!

4
でき上がると表面はこんな感じ。
既存のカレーヌードルよりも匂いがしっかりとしている印象です。
しかも、お湯を入れる前に感じたスパイシーな香りというよりは、どちらかというと甘みのある匂いに変化したような気がします。

早速食べてみます。
…すると驚き!
とってもやさしい味わい!
カレーヌードル独特のスパイシーさや塩気の強さというよりは、スパイシーの中に甘みを感じることができました。
この甘みがチキンやフライドポテトとの相性もよく、とっても食べやすい印象です。
おそらくですが、ココナッツミルクのまろやかさが、このやさしい口当たりを引き出しているのだと思います。

甘口のカレーしか食べられないという人でも、辛さを気にすることなく食べることができますね
どちらかというと甘口カレー派の僕としても嬉しい!

そして、カレーにしては後味もとてもすっきりです。
普通のカレーヌードルはしっかりとしたスパイシーさが後を引き、食べれば食べるほど辛さが口の中に広がっていくのが特徴。
このマッサマンカレーは、全くの逆で食べれば食べるほど甘みが増してきます
これには私もびっくりしました!
こんなにカップヌードルを食べて“まろやかさ”が口全体をおおう体験は、今までにありませんでした。

マッサマンカレー未体験者にとっては、今までのカレーヌードルにはなかった新しい感覚が楽しめると思います。
一方一度でも食べたことがある人にとっては、専門店で食べるようなマッサマンカレーに近い味わいが、わずか190円で楽しめると考えれば、かなりの傑作なのではないかなと感じてもらえるはずです。

カレーなのでライスと一緒に食べるのが一般的ではあると思いますが、このまろやかさを活かす意味でも、ヨーグルトなどの乳製品と一緒に楽しむのもオススメしたいですね。

どうでしょう? このレビューを見て食べたくなってくれたら嬉しいです。
ちなみに、僕は日清の回し者ではありません。ただのカレーフリークです。笑

「カップヌードル・マッサンマンカレー」は11月25日(火)より全国で販売中です。
ぜひ一度お試しあれ!

yamada_bn_02
※この記事は個人の見解であり、所属する企業や団体の公式見解ではありません

【食べる政治第8号】
水産資源+サメの粕漬け

ハラル号アイ・キャッチ about_taberuseiji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2015-11-18 14.07.48

201511/18

「目の前にある料理から政治を考える」イベントを行いました

昨日は、「日本を元気にする会」に所属されております、山田太郎参議院議員の国政報告会に呼んでいただきました。 山田太郎議員は、農林水産委員会…

unnamed-2

201511/5

ノドグロと日本酒で日本の観光を考える

先日仕事で金沢へ伺う機会がありました。 仕事の合間に市内を観光し、旬のノドグロを金沢の日本酒でいただきました。 ・・・! うまい!日…

1

201510/31

TPPで安くなる食材で作るオフ会の鍋、美味しくいただきながら関税撤廃に賛成・反対!?

先日、選挙ドットコムのオフィスにお伺いし、他のライターのみなさんと一緒に鍋パーティーをしてきました。 普段ネット上でしか交流していない…

teberu-web-hiramesan_016

20157/24

【食べるひと、作るひと】 「食べ物は“人”と同じ存在だと思います。」平井 萌さん【後編】

人はなぜ、食べるのか。
そしてなぜ、食べるものをつくるのか……。あまりに単純で、あらためて問うことすらためらうこの疑問。
でもじつは、その答…

s_title

20157/17

【ミカクをミガク。track.03】塩のことは塩屋に聞け

こんにちは、コボリアキラ(@ kobori_akira )です。久しぶりの更新になってしまいました。 これまで、壮大な前書きを書かせていた…

ページ上部へ戻る