イチゴ鼻(角栓)対策にはプルエストがおすすめ!

イチゴ鼻(角栓)に悩む女性

 

このページでは、多くの女性を悩ませる原因のタネとも言える、イチゴ鼻(角栓)の原因と対策について書いていきます。

 

あなたは、イチゴ鼻(角栓)に悩まされていませんか?

 

私は、かなり悩まされていました・・・

 

これまでもいろんな対策をしても全部ムダ。

 

ポツポツできるイチゴ鼻を防ぐことができませんでした・・・

 

でも。

 

その最たる原因は、私が

 

「角栓の原因」

 

を知らなかったからでした。

 

角栓の原因を知って、しっかりと適した対策を取ることは、イチゴ鼻をなくすためには必要不可欠です。

 

このページでは、そんなイチゴ鼻(角栓)の原因と対策。

 

そして、マンナンジェリー洗顔料プルエストによる対策を見ていきましょう。

 

 

イチゴ鼻(角栓)とは?

まず。

 

プルエストを使ったイチゴ鼻(角栓)への対策・・・を知る前に。

 

イチゴ鼻(角栓)がなんなのか?

 

ということについて復習してみましょう。

 

角栓は皮脂と角質が混じり合ったもの

まず、角栓とは・・・

 

毛穴の中で皮脂(油汚れ)と古くなった角質(タンパク質)が混ざり合ってできたものです。

 

イチゴ鼻は黒ずみ

そうして毛穴の中でできた角栓。

 

それがターンオーバーの乱れによって塞がってしまった毛穴をギューッと押し広げて表出。

 

酸化して黒く見えるものがいわゆる、

 

「毛穴の黒ずみ」

 

といわれるもので、その毛穴の黒ずみが鼻にポツポツできている状態がイチゴ鼻と呼ばれるものです。

 

角栓の成分

ちなみに、角栓の成分は、約70%がタンパク質。つまり、角質。

 

約30%が脂質。つまり皮脂といわれています。

 

角栓は意外と皮脂よりも「角質」による割合が多いんです。

 

イチゴ鼻(角栓)の原因

角栓がなんなのか?

 

イチゴ鼻がなんなのか?

 

ということについてここまで書いてきました。

 

では、そのイチゴ鼻(角栓)ができてしまう原因はなんなのでしょうか?

 

イチゴ鼻(角栓)ができる原因は主に以下の3つです。

 

  1. 毛穴が塞がれること
  2. 乾燥
  3. 皮脂量が多い

 

詳しく見ていきます。

 

毛穴が塞がれること

毛穴が塞がれてしまうと、皮脂がきちんと排出されずに、中で角質と混ぜ合わさって角栓ができてしまいます。

 

できるだけ毛穴を塞がないことが、イチゴ鼻(角栓)ケアには欠かせないのですが。

 

では、そもそも毛穴が塞がってしまう理由はなんでしょうか?

 

毛穴が塞がる理由1:ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーが乱れると、本来剥がれるべき古い角質が角質層で残ってしまいます。

 

結果、角質層を厚くしてしまい、毛穴を塞いでしまいます。

 

ターンオーバーを正常に循環させることは、イチゴ鼻(角栓)対策には欠かせません。

 

毛穴が塞がる理由2:化粧汚れ

落としきれなかったメイク・・・

 

  • ファンデーション
  • 化粧下地
  • ワックス

 

などの油性成分が毛穴を防いでイチゴ鼻(角栓)の原因となってしまいます。

 

できるだけ、メイクは早めに落とすことが大切です。

 

乾燥

また、イチゴ鼻(角栓)のもうひとつの原因としてあげられるのが乾燥です。

 

特に、毛穴の黒ずみが気になるからと言って、ゴシゴシ強くこすって洗顔したり、頻繁に洗顔をすると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

洗顔によって皮脂が過剰に分泌される理由


頻繁な洗顔や、強すぎる洗顔は、「皮脂」を多く取り除くことになります。

 

すると、皮脂分泌は盛んになります。

 

皮脂腺には皮脂膜を感じ取る「センサー」のようなものがあって、この働きである程度のところで皮脂の分泌にブレーキがかかる仕組みになってします。

 

ところが・・・

 

頻繁に洗顔をしたり、強すぎる洗顔をすると、失われた皮脂膜を取り戻すために、皮脂腺が活発に活動。

 

結果的に皮脂腺が鍛えられて皮脂が過剰に分泌されてしまうようになります。

 

なので。

 

洗顔を必要以上にしないことも、イチゴ鼻(角栓)対策には必要不可欠です。

 

皮脂量が多い

角栓は体のあらゆる場所に発生しますが、特に。

 

鼻の頭や小鼻は皮脂量が元々多く分泌されています。

 

結果的に、毛穴が押し広げられて黒ずみが多く発生します。

 

鼻の頭や小鼻は皮脂の分泌が多い。

 

だからこそ、イチゴ鼻といわれる症状がよく見受けられるんです。

 

イチゴ鼻(角栓)のデメリット

イチゴ鼻(角栓)によるデメリットは、見た目上の問題がありますが、実はそのほかにも様々なデメリットを生み出します。

 

ニキビができやすくなる

ニキビは「アクネ菌」が元凶と言われています。

 

そのアクネ菌はなんと「皮脂」を栄養にして増殖します。

 

その結果、ニキビの進行を早めてしまいます。

 

つまり、皮脂が詰まっているイチゴ鼻(角栓)はまさにアクネ菌の大好きな居場所。

 

アクネ菌がより増殖していって、ニキビ(面皰)ができやすくなってしまいます。

 

化粧のノリが悪くなる

また、イチゴ鼻(角栓)が増えると毛穴が開いてしまって化粧のノリが悪くなってしまいます。

 

忙しい朝に、化粧がうまく決まらないなんて、もう最悪ですよね。

 

そんな状態を避けるためにも、イチゴ鼻(角栓)を発生させないことは重要です。

 

メイクで隠しきれない

イチゴ鼻(角栓)は見ての通り、

 

「黒いポツポツ」

 

なのでメイクだけではうまく隠すことができません。

 

なのでそもそもイチゴ鼻(角栓)を発生させないことが、見た目にも重要ということになります。

 

イチゴ鼻(角栓)の対策

ここからは、一般的なイチゴ鼻(角栓)の対策を例示します。

 

正しい洗顔やクレンジング

さっきも書いたように。

 

極端な洗顔やクレンジングは、皮脂を奪うことになってしまって、結果的に過剰に皮脂を分泌。

 

その結果、女性の天敵とも言える、イチゴ鼻(角栓)ができてしまいます。

 

正しい方法で洗顔やクレンジングをすることはイチゴ鼻(角栓)対策には欠かせません。

 

メイクを落とす

女性にとってメイクは必要不可欠。

 

見た目的な問題だけじゃなくて、紫外線対策としても欠かせません。

 

だから、「メイクをしない」というのはなかなかむずかしいものですが、

 

「できるだけ早くメイクを落とすこと」

 

は大切です。

 

仕事が終わって疲れているからと言って。

 

洗顔だけで終わらせたり、化粧を落とさずにそのまま眠ってしまうのは論外です。

 

メイクをしている状態をなるべく短くして、しっかりと汚れを落とすことが大切です。

 

そうでないと、メイクが毛穴を詰まらせてしまってイチゴ鼻(角栓)を発生させてしまいます。

 

保湿ケアをしっかり行って肌の乾燥を防ぐ

肌が乾燥すると、角質が厚くなって結果的に毛穴を塞ぐことになってしまいます。

 

しっかりとスキンケアを行って、肌を保湿させることが重要です。

 

さきほども書いたように、肌が乾燥するとより皮脂の分泌が盛んになって、イチゴ鼻(角栓)が拡大します。

 

日常生活の改善

ターンオーバーの乱れが角層を厚くして毛穴を詰まらせてしまいます。

 

ターンオーバーの乱れは生活習慣に大きく関係しているので、

 

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

 

をバランスよく行って、体調管理を万全に整えるようにしましょう。

 

間違った毛穴ケア

また、

 

  1. 冷水で引き締める
  2. クレンジングでこする
  3. 蒸しタオルで毛穴を開かせる

 

という方法で毛穴をケアしようとする方が多くいますが、これらは逆効果になってしまうかもしれません。

 

冷水で引き締める

なんとなく、冷水で毛穴を引き締めれば、キュッと毛穴が閉じていくような気もしますが。

 

毛穴が冷水で縮まるということはありません。

 

むしろ肌に急激な温度変化を加えると、赤ら顔(肌に赤い線ができる症状)になる危険性があるので、冷水で引き締める毛穴のケアはおすすめできません。

 

クレンジングでこする

先ほども書きましたが、オイルクレンジングなどで肌を強くこすると、逆に肌のうるおいが溶け出して乾燥を招きます。

 

また、表面からあいくらこすっても毛穴の奥の汚れをかきだすことはできないので、あまりメリットはありません。

 

蒸しタオルで毛穴を開かせる


これは意外に思われる方もいるかもしれませんが、顔を蒸しタオルなどで温めれば確かに皮脂は柔らかくなりますが。

 

先ほど書いたように、急激な温度変化は赤ら顔を招くことになります。

 

わざわざ蒸しタオルで顔を温めなくても、入浴時の体温上昇で十分肌がほぐれて汚れは取れます。

 

プルエストでイチゴ鼻(角栓)ケア

ここまでの内容を踏まえて。

 

プルエストでイチゴ鼻(角栓)ケアできる理由を書いていきます。

 

保湿成分が肌をほぐす

先ほども書いたように。

 

確かに、毛穴の汚れを落とすためには

 

「肌をほぐす」

 

ことは大切です。

 

ですが、急激な温度変化は逆に赤ら顔の危険を招くことになりますが・・・

 

プルエストの保湿成分、

 

12種類の和漢西洋バーブエキスが肌をしっとり保湿。

 

そして、肌をほぐしてくれるので、毛穴の奥まで洗浄成分がしっかりと入り込んでくれます。

 

ソープナッツが皮脂や角質を浮かす

プルエストに含まれるソープナッツという洗浄成分が、毛穴の奥に詰まった皮脂や角質を浮かしてくれます。

 

それによって、イチゴ鼻(角栓)の元凶を絶ってくれるんです。

 

ソープナッツの詳細はこちらのページからご覧いただけます。

 

ソープナッツとは?特徴や効果、副作用の危険性を解説

 

カラギーナンが浮かした汚れを吸着

そして、プルエストに含まれるカラギーナンという成分が、先ほどのソープナッツが浮かしてくれた汚れをキャッチ。

 

つまり、カラギーナンの粘性で汚れを吸着してくれるんです。

 

この粘性こそプルエストの最大のウリの一つとも言えます。

 

カラギーナンの詳細はこちらのページをご参照ください。

 

カラギーナンとは?効果や副作用の危険性について解説

 

マンナンジェリー(マンナンスクラブ)でマッサージしながら洗い流す

そうして浮かして、吸着した角質と皮脂を、マンナンジェリー(マンナンスクラブ)がマッサージしながら洗い流してくれます。

 

結果的に、イチゴ鼻(角栓)の原因である皮脂と角質をゴッソリ落としてくれるので、

 

プルエストはイチゴ鼻(角栓)対策にはピッタリなんです。

 

マンナンスクラブの効果や乾燥肌対策に関してはコチラ!

 

【常識を覆す】マンナンスクラブで肌トラブル・乾燥肌対策!

 

イチゴ鼻(角栓)対策にプルエストがおすすめまとめ

内容が多岐にわたってしまってので少しわかりづらくなってしまったかもしれませんが、いかがでしたか?

 

プルエストがイチゴ鼻(角栓)にピッタリの洗顔料であるということがおわかりいただけたでしょうか?

 

今回の内容をまとめると・・・

 

  • 角栓は毛穴の中で古くなった角質と皮脂が混ざり合ってできたもの
  • 鼻の周りは皮脂の分泌量が盛んなので、角栓が多く発生してイチゴ鼻になる
  • イチゴ鼻(角栓)の主な原因はターンオーバーの乱れで毛穴が塞がれることと洗顔などによる乾燥
  • イチゴ鼻(角栓)はニキビの原因にもなる
  • 正しい洗顔やクレンジング、保湿ケア、日常生活の改善がイチゴ鼻(角栓)対策には必要
  • 蒸しタオルや冷水による急激な温度変化は赤ら顔を招く危険性がある
  • プルエストに含まれる成分が効率よく毛穴の皮脂や角質を洗い流してイチゴ鼻(角栓)対策にはピッタリ!

 

ということがわかりました。

 

ただ、一言に、

 

「イチゴ鼻(角栓)対策」

 

といっても。

 

しっかりと原因をわかっていないと間違った方法で逆にイチゴ鼻(角栓)を進行させてしまうかもしれません。

 

少しむずかしい内容も含まれてしまいましたが、しっかりと今回の内容を確認してイチゴ鼻(角栓)対策に取り組んでみてください。

 

イチゴ鼻(角栓)の悩みから解放されて堂々と自分らしい毎日を送れている姿を想像するとワクワクしますね!

 

私のプルエスト体験レビューはこちらのページでまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

【効果なし?】プルエストを使った口コミ!毛穴対策になるの?


TOPへ